« 鉄の男爵、リカーソリ | トップページ | ベルルスコーニ、検察に左翼民主幹部を告発 »

2006年1月19日 (木)

イタリア、司法改革

イタリアの裁判制度があらたまり、無罪判決が出たものに対して、上告は出来なくなる(コリエレ・デッラ・セーラ、1月12日)。

無罪判決が出た場合には、上訴、控訴できなくなる。控訴できるのは、検察の側からにせよ、被告の側からにせよ、有罪判決の場合のみということになる。

この法案は、上院を通過したが、与党の賛成多数で、中道左派からは強い批判があった。

いくつもの裁判を抱えているベルルスコーニ首相のための法律ではないか、という疑いをかけられているわけだが、法律の提案者ガエターノ・ペコレッラにとっては、裁判の迅速化、市民の権利の擁護のための法律とのことである。

|

« 鉄の男爵、リカーソリ | トップページ | ベルルスコーニ、検察に左翼民主幹部を告発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8232013

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア、司法改革:

« 鉄の男爵、リカーソリ | トップページ | ベルルスコーニ、検察に左翼民主幹部を告発 »