« イタリア中央銀行、Unipolの公開株式買い付け許可せず | トップページ | イタリア、喫煙者数が減少 »

2006年1月17日 (火)

検察の捜査、99年のテレコム株買収に遡る

アントンヴェネタ銀行およびBNLをめぐる株式買収の捜査を担当しているミラノ検事局は、1999年のテレコム株買収に遡って資本の動きを調べている(コリエレ・デッラ・セーラ、1月11日)。

1999年に、テレコムの株式買い占めは開始された。オリヴェッティのボスとしてロベルト・コラニンノは虎の子のオムニテルを売却しつつ、テレコム株の買収に打って出たのだった。その仲間にブレーシャの実業家たちがいて、そのリーダーが、エミリオ・ニュッティだったのだ。

彼らは、2001年にピレッリ・グループに売り抜けて、25億ユーロ(3500億円)の売却益をあげた。

このたび、ミラノ検事局は、エミリオ・ニュッティから、1999年に遡って、株式買い占めや資本の動きについて捜査している模様。

|

« イタリア中央銀行、Unipolの公開株式買い付け許可せず | トップページ | イタリア、喫煙者数が減少 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8207324

この記事へのトラックバック一覧です: 検察の捜査、99年のテレコム株買収に遡る:

« イタリア中央銀行、Unipolの公開株式買い付け許可せず | トップページ | イタリア、喫煙者数が減少 »