« コンソルテと諜報機関 | トップページ | チャンピ、司法改革法を議会に送り返す »

2006年1月26日 (木)

シャイー、スカラ座に帰る

指揮者リッカルド・シャイーが7年ぶりにスカラ座に、『リゴレット』で帰ってきた(コリエレ・デッラ・セーラ、1月20日)。

シャイーがスカラ座を振るのは、1999年の『セビリアの理髪師』以来という。

今回の『リゴレット』は、ムーティ指揮、ジルベルト・デフロ演出のものの再演で、キャストもほぼ同じ。リゴレットはレオ・ヌッチで変わらず。ジルダは、アンドレア・ロスト。マントヴァ公爵は、マルセロ・アルヴァレス。

最も目立つ変更は、acuto (高音)が帰ってきたことだ。『リゴレット』だけではないが、オペラのレパートリーでは、劇場の習慣として、クライマックスの部分などで、作曲家が楽譜に記した音よりも1オクターブ高い音で歌う習慣がある。これは、ソプラノであれ、テノールであれ、バリトンであれそうである。

シャイーは劇場の習慣にのっとり、アクートを復活するという。タイトル・ロールのリゴレットを歌うレオ・ヌッチは、400回もリゴレットを演じたのだが、「自分としては、高音を歌いう方が好きだ。しかしムーティには、高音を削除するよう頼まれた時には、絶対的敬意を示した。高音に反対したショルティの場合も同じだった。私は劇場では規律を愛するのです」とのこと。

シャイーは、客演は好きではなく、スカラ座への帰還は、いわば自分の家に帰ってきたようなものだと感じている。総監督のリスナーの期待通り、2006-7年のシーズンは、シャイーとゼッフィレッリの『アイーダ』で開幕だという。新しいコンセプトの『アイーダ』になるとのこと。2008年には、プッチーニ死後150年を記念して、『マノン・レスコー』を振ることが決まっている。

劇場で演奏を聴くと、アクートがないと拍子抜けすることがある。もちろん、演奏全体の流れや構成、役作りなどが絡んでいるから、それだけを楽しみにしているということはないのであるが、歌手の見せ場の一つであることは間違いない。1オクターブ高い方で歌うのが定着した曲は、それだけ高い音が聞き映えがするということではないだろうか。

|

« コンソルテと諜報機関 | トップページ | チャンピ、司法改革法を議会に送り返す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8353370

この記事へのトラックバック一覧です: シャイー、スカラ座に帰る:

» アクートのスカラ座帰還 [Il quaderno d'Estate]
いつもお世話になっているBlog「イタリアに好奇心」さまより今回は、シャイー、スカラ座に帰るをTBさせて頂きます。 [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 23時55分

« コンソルテと諜報機関 | トップページ | チャンピ、司法改革法を議会に送り返す »