« 『キスの運び屋』 | トップページ | ムッソリーニを捕まえたパルティジャーノの死 »

2006年1月 9日 (月)

イタリア労働総同盟とオペラ

ニコラ・ピオヴァーニ(ベニーニ監督の映画で音楽を担当)が、イタリア労働総同盟の結成100年を記念したオペラを制作中である(コリエレ・デッラ・セーラ、1月3日、なお1日と2日は休刊です)。

Cgil(イタリア労働総同盟)のためのオペラ。主題は、一世紀にわたる闘争、希望、より不平等でない世界実現のための責務。

台本はヴィンチェンツォ・チェラーミ、音楽はニコラ・ピオヴァーニ。4人のソリストとオーケストラ。2006年5月29日、ローマのアウディトリウムで初演。タイトルは、『100年のカンタータ(La cantata dei 100 anni)』。委嘱作品である。

 Cgilが結成されて100年なので、委嘱の意図は明白である。ピオヴァーニは、ベニーニの映画の音楽担当で知られているが、マフィアに暗殺されたジョヴァンニ・ファルコーネ判事を記念する音楽を書いているのだという。

 政治的オペラと定義してよいのか、という記者の質問に、定義の仕方次第だと応えている。「狭い意味でとれば、退屈そのものだろうが、広い意味でとれば、普遍的ということになる。誰でもブレヒトの『三文オペラ』を思い出すだろう。1928年に書かれたのだが、まるで今書かれたみたいだ。マッキー・メッサー(メックメッサー)なんて、まったくリクッチ(銀行株買い占め事件に登場している不動産業者ー管理人の註)みたいじゃない。政治的作品かって?いや、古典だね。古典は永遠だ」とのこと。

|

« 『キスの運び屋』 | トップページ | ムッソリーニを捕まえたパルティジャーノの死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8078920

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア労働総同盟とオペラ:

« 『キスの運び屋』 | トップページ | ムッソリーニを捕まえたパルティジャーノの死 »