« ベルルスコーニの大節税 | トップページ | イタリア中央銀行、Unipolの公開株式買い付け許可せず »

2006年1月16日 (月)

スカラ座の健闘

ムーティが去り、補助金が減らされた2005/2006年のスカラ座は、新総監督リスナーのもとで、観客を増やしている(コリエレ・デッラ・セーラ、1月10日)。

定期予約者も、11、139人から12,483人に増えている。定期予約も、最近はいろいろな形があって、従来の定期予約は、9つのオペラ公演+2つのバレエであったのだが、ミニ定期予約の場合、3つのオペラと1つのバレエ、週末定期予約の場合、4つのオペラと1つのバレエという具体に、いくつかの選択肢が用意されている。

切符の値段を上げることなしに、入場料収入は、9,1%増加したという。

リスナー新総監督にとって、ムーティが去り、補助金が劇的に3分の1も減らされたあとだけに、観客の反応はどうであるかは大いに気がかりなところであった。

正確な分析はまだであるが、切符売り場の情報によると、若い人が増えており、新たな定期予約者も多い。

公演回数も去年の年184日から225日に増加させる予定だ。

|

« ベルルスコーニの大節税 | トップページ | イタリア中央銀行、Unipolの公開株式買い付け許可せず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8191613

この記事へのトラックバック一覧です: スカラ座の健闘:

» アクートのスカラ座帰還 [Il quaderno d'Estate]
いつもお世話になっているBlog「イタリアに好奇心」さまより今回は、シャイー、スカラ座に帰るをTBさせて頂きます。 [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 23時31分

« ベルルスコーニの大節税 | トップページ | イタリア中央銀行、Unipolの公開株式買い付け許可せず »