« イタリア、喫煙者数が減少 | トップページ | MPSとUnipol 接近か? »

2006年1月17日 (火)

MPSの重役にCoop関係者二人

モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(MPS)の理事に、Coop関係者が二人はいることになった(コリエレ・デッラ・セーラ、1月11日)。

一人は、エミリオ・ニュッティの代わりとなる人。もう一人は、Unipolでコンソルテの副官、イヴァーノ・サッケッティの代わりとなる人である。

ニュッティが去ることは、MPSの8%所有にせまるHOPAを誰がリードするかに関わるが、ニュッティに代わるのは、MPSの副会長ステーファノ・ベッラヴェリアになるようだ。また、サッケッティの代わりにMPSの理事になるのは、Coop Centro Italia のジョルジョ・ラッジとなる模様。

|

« イタリア、喫煙者数が減少 | トップページ | MPSとUnipol 接近か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8209006

この記事へのトラックバック一覧です: MPSの重役にCoop関係者二人:

« イタリア、喫煙者数が減少 | トップページ | MPSとUnipol 接近か? »