« ニュッティとコンソルテ | トップページ | コンソルテと左翼民主(党) »

2006年1月 5日 (木)

Holmo と Legacoop と Unipol

UNIPOL の事件に対し、Legacoop(全国協同組合共済連盟)の会長ジュリアーノ・ポレッティが批判した(12月28日)。

Unipol という保険会社は、Coop(協同組合)と関係が深い。Coopの持ち株会社Holmoをはじめとする46の協同組合事業体が Unipol を支配しているのである。

Legacoopは協同組合が集まった全国協同組合共済連盟で、会員は735万人。一年で7,8%増加している。Legacoopを構成する事業体の数は、15300。この中には、スーパーマーケットのConadなども含まれる。Coop関係で働く人の数は、40万人。2004年の売り上げは、457億ユーロ(約6兆4千億円)で、2003年より5,1%の増加。

Legacoopの会長ポレッティは、株式公開買い付け自体は、合法的だが、個々人のふるまいについては、きちんと評価する必要がある、とくぎを刺した。

|

« ニュッティとコンソルテ | トップページ | コンソルテと左翼民主(党) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8005216

この記事へのトラックバック一覧です: Holmo と Legacoop と Unipol:

« ニュッティとコンソルテ | トップページ | コンソルテと左翼民主(党) »