« Tangentopoli 2 か? | トップページ | フィオラーニ、自供する »

2005年12月28日 (水)

イタリア銀行総裁とUNIPOLの関係

ローマ検事局は、イタリア中央銀行に対し、総裁がUNIPOL(保険会社)の件に関し、誰と誰に会談したかの記録を求めた(コリエレ・デッラ・セーラ、12月18日)。

そもそも今年の3月スペインのビルバオ銀行(Bbva)がBNLに対し、株式公開買い付けをしようとした。ファツィオ総裁はそれに対し許可をあたえる前にじっと待った。UNIPOLはその間に、BNLの株をかき集めた。

7月になって、今度はUNIPOLがBNLに対し、株式公開買い付けを求めたースペインの銀行よりも高い値段でーというのが、今回の捜査の背景である。

|

« Tangentopoli 2 か? | トップページ | フィオラーニ、自供する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7880297

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア銀行総裁とUNIPOLの関係:

« Tangentopoli 2 か? | トップページ | フィオラーニ、自供する »