« 教皇、不可知論と相対主義をしりぞける | トップページ | 舞台で死んだ女優 »

2005年12月15日 (木)

ヴァイアグラ、売り上げ落ちる

アメリカではヴァイアグラおよびその類似品の売り上げが10%ほど落ちているが、イタリアは反対の傾向を示している(コリエレ・デッラ・セーラ、12月5日)。

2004年時点で、この手の薬は、Viagra,Cialis,Levitraの三種類があり、それぞれ製薬会社は、Pfizer,Eli Lilly, Bayer e Glaxo である。世界的な売り上げは、25億ドル。当初の売り上げ見込みは、ヴァイアグラだけで、45億ドルであったから、実績は見込みを大きく下回っている。

イタリアでの売り上げは、7000万ユーロ(約100億円)で、一方、アメリカ合衆国での売り上げは、3億ドル。1998年から2003年の間に、イタリアでは、2700万錠が売れた。

アメリカでは、売り上げが減少しているのだが、イタリアでは逆に増加の傾向を示しているのは、国民性の違いなのだろうか。ちなみに、イタリアでは一錠、9ユーロ(約1260円)で、以前にShibanoさんからコメントをいただいた1200-1500円と一致する。ただし、所得水準を考慮にいれると、イタリア人にとっての9ユーロは、相当高いと感じられるだろう。

|

« 教皇、不可知論と相対主義をしりぞける | トップページ | 舞台で死んだ女優 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7634740

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァイアグラ、売り上げ落ちる:

« 教皇、不可知論と相対主義をしりぞける | トップページ | 舞台で死んだ女優 »