« フィオラーニ、自供する | トップページ | ル・ゴフ、辺獄の次は煉獄が消滅するだろう、と語る »

2005年12月29日 (木)

ファツィオ総裁とオプス・デイ

イタリア中央銀行総裁のファツィオは敬虔なカトリックであるが、「オプス・デイ」という聖職者および信徒の組織のメンバーではないと伝えられた(コリエレ・デッラ・セーラ、12月19日)。

総裁がオプス・デイのメンバーではないか、という噂は以前からあったらしい。ファツィオ総裁の一家は、熱心なカトリックで、娘は、legionari di Cristo という組織の在俗の修道女となっている。

オプス・デイとは良好な関係を保っていたが、近年はほとんど行き来がないという。

|

« フィオラーニ、自供する | トップページ | ル・ゴフ、辺獄の次は煉獄が消滅するだろう、と語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7893963

この記事へのトラックバック一覧です: ファツィオ総裁とオプス・デイ:

« フィオラーニ、自供する | トップページ | ル・ゴフ、辺獄の次は煉獄が消滅するだろう、と語る »