« 司法省次官、盗聴漏洩を否定 | トップページ | 教皇の赤い帽子 »

2005年12月31日 (土)

左派、意見の対立

ダレーマの銀行口座(船の代金のリース)をめぐり、左派内で意見の対立が起こっている(コリエレ・デッラ・セーラ、12月22日)。

表面的には、左翼民主(党)の委員長ダレーマのヨット熱をめぐるものだが、その背後には、左翼民主(党)の執行部が、Coopの側から、銀行の株式買い占めにゴーサインを与えた、という問題がある。

左翼民主(党)の中には、ジャンフランコ・パスクィーノのように、1970年代のエンリーコ・ベルリングェルの時代を懐かしむものもいる。

一方、リヴィア・トゥルコのように、「私たちは偽善者の国にいるのです。どうして自転車への情熱は良くて、ヨットへの情熱はいけないの?」とする意見もある。

|

« 司法省次官、盗聴漏洩を否定 | トップページ | 教皇の赤い帽子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7930929

この記事へのトラックバック一覧です: 左派、意見の対立:

« 司法省次官、盗聴漏洩を否定 | トップページ | 教皇の赤い帽子 »