« イタリア管理職の収入 | トップページ | チャンピ大統領、85歳の誕生日 »

2005年12月19日 (月)

3年制大学の就職率

導入時には様々な議論のあった3年課程の学科の卒業生の就職状況の初の本格的調査がCilea(Consorzio Interuniversitario Lombardo per la Elaborazione Automatica)によって実施されたコリエレ・デッラ・セーラ、12月9日)。

3年生の学科の卒業生が本格的に誕生したのは、2004年からである。今回の調査は、ロンバルディア州の主な6大学およびピサ大学と同じくピサの Scuola Speriore Sant'Anna の3500人の卒業生を対象にしたもの。

これらの大学で、4年生課程を卒業したもののうち、卒業後18ヶ月後の時点で、就職したものは、87,3%、求職中のもの12,7%である。

一方、3年生課程を卒業したものは、卒業後18ヶ月後の時点で、就職したもの88,6%、求職中のもの11,4%である。わずかながら、こちらの方が就職状況は良い。

全体を見ると、保健衛生学科(3年制)を卒業したものの就職率が97,3%と、すこぶるよい。これは4年制の保健衛生学科の98,4%にほんの少し劣るのみである。

逆に、結果が振るわなかったのは、工学系(3年制)で、75,3%にとどまっている。4年制の工学系は92,6%なのでその差は大きい。理学系でも、3年制卒業生が、69,4%に対し、4年制卒業生が87,1%でやはり大きな隔たりがある。工学系、理学系は、3年の課程で卒業せずに、さらに2年(旧制度の修士に相当)を加えて、「専門化」(specializzaaione)し、5年で出る人も少なくないようだ。

また、大学での課程と職種との一貫性に関して、3年制卒業生の60,7%が満足しているのに対し、4年制卒業生は、46,4%しか満足していない。

|

« イタリア管理職の収入 | トップページ | チャンピ大統領、85歳の誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7702364

この記事へのトラックバック一覧です: 3年制大学の就職率:

« イタリア管理職の収入 | トップページ | チャンピ大統領、85歳の誕生日 »