« ル・ゴフ、辺獄の次は煉獄が消滅するだろう、と語る | トップページ | ファツィオの後継候補者たち »

2005年12月30日 (金)

ファツィオ総裁、辞任

第八代イタリア中央銀行総裁、アントニオ・ファツィオが、その職を辞した(12月20日、コリエレ・デッラ・セーラ)。

ファツィオ辞任関連の記事は、一面見出しの他、コリエレ・デッラ・セーラ紙の2面から12面(広告を除き)を埋め尽くしている。

ここでは、彼の経歴を紹介しよう。

アントニオ・ファツィオは、1936年、フロジノーネ県(ローマとナポリの間)アルヴィートで生まれた。1960年、ローマ大学経済学部卒業。1978年、マリア・クリスティーナと結婚、5人の子供にめぐまれる。

ちなみに、5人の子供の内訳は、男が1人、女が4人。男の子は、ジョヴァンニで、ミッレ・ミリア(クラシック・カーのレース)でキッコ・ニュッティの仲間である。4人の娘は、みなマリアで、マリア・エウジェーニア、マリア・キアーラ、マリア・ヴァレーリア、アンナ・マリーアという具合。

1960年、イタリア中央銀行の奨学金を得る。その後、1年間、アメリカで、フランコ・モディリアーニ(後年ノーベル賞を受賞)とともに学ぶ。

1966年、イタリア中央銀行に勤め、スピード出世。1980年には、中央局長となる。

1982年1月、理事会に入る。1993年、カルロ・アゼリオ・チャンピ(現大統領、前イタリア中央銀行総裁)が、首相に任命された時に、総裁となる。

そして2005年12月に辞任。

|

« ル・ゴフ、辺獄の次は煉獄が消滅するだろう、と語る | トップページ | ファツィオの後継候補者たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7898534

この記事へのトラックバック一覧です: ファツィオ総裁、辞任:

« ル・ゴフ、辺獄の次は煉獄が消滅するだろう、と語る | トップページ | ファツィオの後継候補者たち »