« ヘンツェのオペラ | トップページ | イタリアの麻薬事情 »

2005年12月18日 (日)

スカラ座の新総監督リスナー

スカラ座の新総監督リスナーが、新シーズンを前に抱負を語った(コリエレ・デッラ・セーラ、12月6日)。

リスナーはフランス人であるが、ヨーロッパ人にままあるように、母方はハンガリー人で、父方はロシア人であるという複雑な家系である。

ミラノに移り住んで、彼はかつてトスカニーニが住んでいたのと同じパラッツォに住んでいる。家は、本とレコードで一杯とのこと。

夜寝る前には、イタリア語に浸るために、大声でダンテの『神曲』を読んでいるという。ただし、『神曲』はむつかしいので、フランス語との対訳本を使用中。

彼がミラノで悩んでいるのは、食事がおいしすぎること。7ヶ月で、5キロ太ってしまった、と嘆いている。

オーダー・メイドの服をつくる楽しみも覚え、「イタリアの職人芸に驚きは尽きない」と語っている。

|

« ヘンツェのオペラ | トップページ | イタリアの麻薬事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7680674

この記事へのトラックバック一覧です: スカラ座の新総監督リスナー:

« ヘンツェのオペラ | トップページ | イタリアの麻薬事情 »