« イタリアの麻薬事情 | トップページ | 3年制大学の就職率 »

2005年12月19日 (月)

イタリア管理職の収入

イタリアで会社の管理職の収入が、物価上昇率の三倍の勢いで増えている(コリエレ・デッラ・セーラ、12月9日)。

イタリア人の収入(税込み)は次のようである。

平社員 2万7千~3万3千(ユーロ)

専門職 3万6千~4万7千

上級専門職 5万2千~6万2千

管理職 7万3千~10万5千

平社員ほど固定給の割合が大きく、管理職ほど小さい。平社員は固定給が、87,0%、専門職83,4%、上級専門職80,8%、管理職69,8%となっている。管理職の場合、可変的給与やベネフィットがそれぞれ11,4%と14,8%ある。

2004~2006年にかけての収入の増加は、平社員および専門職が4,4%、4%、4%に対し、管理職の場合、4,4%、5,1%、5,2%と最近の伸びが大きい。

この間の物価上昇率は、2004年、2,2%、2005年、2,1%(見込み)、2006年、1,7%(見込み)である。

ただし、これは、イタリアの多国籍企業をふくむ500の大企業での話である。

|

« イタリアの麻薬事情 | トップページ | 3年制大学の就職率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7695863

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア管理職の収入:

« イタリアの麻薬事情 | トップページ | 3年制大学の就職率 »