« ジョヴァンニ・パオロ二世の列福に不同意の声 | トップページ | スカラ座の新総監督リスナー »

2005年12月18日 (日)

ヘンツェのオペラ

ヘンツェのオペラ『若い恋人たちへのエレジー』が、作曲家の80歳を記念してアンコーナで上演される(コリエレ・デッラ・セーラ、12月6日)。

『若い恋人たちへのエレジー』(伊:Elegia per giovani amanti,英:Elegy for Young Lovers)(1953)は、若き日のヘンツェ、第5作めのオペラ作品であった。台本は、W.H.オーデンとチェスター・コールマンで、詩人としては、オーデンは言うまでもなく世界的な詩人であるが、コールマンはむしろオーデンの恋人として見られてきた。

オーデンとコールマンは、これよりも前に、ストラヴィンスキーのためにオペラ『放蕩者のなりゆき』(1951)の台本をものしている。

ヘンツェの作品は1961年のシュヴェツィンゲン音楽祭のために書かれたものである。ヘンツェは20世紀のオペラ作家として、リヒャルト・シュトラウス、ベルク、ブリテン、プーランクに並ぶ存在と考えられている。

ヘンツェは1926年ドイツの生まれだが、戦後のドイツおよびドイツ社会に嫌気がさして、1953年からイスキア島に移住し、そこでオーデンに出会ったようだ。

オーデンはイギリス人だが、アメリカに帰化していた。1948年以来、夏休みには、イタリアのナポリ湾にうかぶイスキア島のフォーリオという町で過ごした。恋人のコールマンと一緒にである。イスキア島は、同性愛者にとっての隠れ家的な場所であったらしい。

ストーリーは、ミッテンホーファというエゴイスティックな詩人が、ヒルダという女性の幻想(40年前に新婚旅行の時に、山に向かったまま行方不明になった夫の声を聞くという幻想)を利用して・・・という芸術家の人生との関わりがまるでjそこからエキスを吸い取る吸血鬼のようだ、という話である。

|

« ジョヴァンニ・パオロ二世の列福に不同意の声 | トップページ | スカラ座の新総監督リスナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7680211

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンツェのオペラ:

« ジョヴァンニ・パオロ二世の列福に不同意の声 | トップページ | スカラ座の新総監督リスナー »