« 教皇、学問観を語る | トップページ | ジュゼッペ・カンパーリというドライバー »

2005年12月 1日 (木)

F1、エクルストンが売却

自動車レースF1を主催するSlecのワンマン・オーナー、バーニー・エクルストンは、イギリスのファンドCVC Capital Partnersに株式の75%を売却した(コリエレ・デッラ・セーラ、11月26日)。このために要した資金は、5億ユーロ。

これで一つの時代が終わった。現在75歳の准男爵エクルストンは、25年にわたってF1を支配してきた。

株式の移譲は行われたが、相変わらずエクルストンは、FOA(Formula One Management)の総監督にとどまる見通し。

この売却の背後には、2007年末に契約が切れた時点で、BMW,ダイムラークライスラー、ホンダ、トヨタ、ルノーが、今のままでは、新たなF1に代わるレースのための組織を作ると言っていることがある。

彼らは、F1の収益に対する取り分が少なすぎると主張しているのである。F1の収益は約8億ユーロであるが、自動車メーカーは、その75%を要求している。現在は25%しか受け取っていない。エクルストンは間をとって50%ではどうかという申し出をしている。

なおフェラーリは、2012年まですでに契約を結んでいる。

|

« 教皇、学問観を語る | トップページ | ジュゼッペ・カンパーリというドライバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7421236

この記事へのトラックバック一覧です: F1、エクルストンが売却:

« 教皇、学問観を語る | トップページ | ジュゼッペ・カンパーリというドライバー »