« ボローニャ市長と移民 | トップページ | シューマッハとロッシ »

2005年11月 3日 (木)

ポリーニ、ノーノ、シュトックハウゼン

ポリーニの企画によるノーノとシュトックハウゼン他のコンサートに行ってきた(11月3日、東京・初台のオペラシティー)。

最初はブーレーズの曲だった。あらかじめテープに録音されたクラリネットと生のクラリネットが二重奏をする。

しかも、スピーカーは、10本ほどあって、ステージの後ろに4本と、ステージに近い方や客席の中程、後方に二本ずつあって、テープのクラリネットは、不思議な方向から聞こえてくる、というか、聞こえる方向が動いたり、どこから聞こえてくるのかわからない感じになったりする。

理屈で考えれば、どことどこのスピーカから音を出すとか、あるいはその強弱を変えればそのような現象が起きることは想像がつくのだが、その場にいると、目の前の実演のクラリネットの音とも入り交じり、同じ音でありながら、肌合いの違う音が混在し、しかもその一方の音は方向が動くということで、妙な感覚を味わった。

いわゆるクラッシック音楽をレコードとコンサートで聴く場合よりも、はるかにこの曲では、コンサートの方が、曲の理解が十全なものとなるだろう。こういう曲は、再生も多チャンネルが望ましいだろうと思った(僕は、自分の装置は2チャンネルですが)。

次は、アルバン・ベルクのクラリネットとピアノのための4つの小品。ピアノはポリーニ。クラリネットはブーレーズの曲とともにアラン・ダミアンというアンサンブル・コンタンポランの人。二人は気前よく、アンコールで、もう一度、この四曲を演奏してくれた。聞き慣れない曲だけに、二度目のほうがずっとよくわかる。

三曲目は、シュトックハウゼンのピアノ曲VIIとピアノ曲IX。ポリーニの演奏。ピアノ曲IXはディミヌエンドする和音の連打が特徴的。シュトックハウゼンの曲は、現実を激しく切断するような強い音のかたまりがあるかと思うと、いつの間にか、宇宙の星への視線を思わせる高音の響きに収斂していく。イデアの世界を思わせる。

休憩のあとは、ノーノが二曲。

一曲目は、「苦悩に満ちながらも晴朗な波」(ピアノとCD,またはDATのための)で、スタジオ録音されたポリーニのピアノの音を加工した音がスピーカからながれ、眼前のポリーニがピアノを実演する。ブーレーズの曲と似た仕組みである。

ノーノの音楽は、激しいところはあるのだが、ブーレーズやシュトックハウゼンと較べ暖かい感じがする。音の響かせかたが、切断的でなく、音をある程度、漂わせているのだ。つまり響きを長めにとっておいて、それが消えぬうちに次の音が出ている。それがタイトルの波や、教会の鐘の音を思い起こさせる。

ノーノの二曲目は、「森は若々しく生命に満ちている」(ソプラノと3人の役者の声、クラリネット、金属板、テープのための)。これもあらかじめテープにさまざまな音、声が録音されているものがスピーカーから流れ、それと重なったり、重ならなかったりしながら、ソプラノ、3人の役者、クラリネット、金属板を金槌で叩く音が実演で聞こえてくる。

これは、歌手、および役者は、朗読とは言えないような叫び声や、息をたくさんふくんだ音声で、まるで、尺八がメロディーを奏でる時に、フルート的な音がから、息のはげしい呼吸音まで、その中間のグラデーションを聴かせてくれるが、人の声がそういった楽器のように扱われている。

だから、テクストは、カストロやイタリアの労働者、ヴェトナムのパルチザンなどの言葉から取られていることがプログラムで判明する。

この曲が作曲された1965-66年で、ベトナム戦争やアフリカ、キューバにおける民族解放戦線を意識して作ったものらしい。

ポリーニがこれを今、これを演奏するコンサートを企画するということもノーノとの友情、現代音楽を出来るだけ多くの人に知ってもらいたいという啓蒙的意図だけではなく、現在のイラクの状況に対する彼の批判的な視座があると僕は思った。

この曲も、激しく、展開がよみにくいのだが、声が主であるせいか、やはり暖かみが感じられる。悲痛さ、怒りやなにか途方もない力なども表現されてはいたと思うけれど、それが観念的というよりは、まことに人間的なのである。

現代音楽のコンサートというのは、なんとなく、現代文化において、宗教の代替物的なところがあるのかなあ、と思うことがある。僕の個人的感想です。

|

« ボローニャ市長と移民 | トップページ | シューマッハとロッシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/6883357

この記事へのトラックバック一覧です: ポリーニ、ノーノ、シュトックハウゼン:

« ボローニャ市長と移民 | トップページ | シューマッハとロッシ »