« 2万ユーロでイタリア人になれる? | トップページ | ボローニャ歌劇場、開幕 »

2005年11月23日 (水)

モンツァ・サーキット、騒音で訴えられる

F1で有名なモンツァ・サーキットが騒音で訴えられ、敗訴した(コリエレ・デッラ・セーラ、11月16日)。

訴えたのは、サーキットのコースから500メートルのところに住む3家族で、サーキットの運営団体SIASとモンツァ市、ミラノ市を民事で訴えた。

F1の騒音はたしかにものすごく、120-140デシベルだという。サーキットに対する法律の規制では、昼間の平均が70デシベルとなっている。医学的観点からは、騒音がトラウマティックになるのは、83デシベルからと決められている。

さらに問題なのは、このサーキットが一年中、頻繁に使用されているということだ。

これに対し、モンツァの市長は、法律にはしたがうが、例外を37件もうけた。F1もその一つだ、と語っている。

|

« 2万ユーロでイタリア人になれる? | トップページ | ボローニャ歌劇場、開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7271134

この記事へのトラックバック一覧です: モンツァ・サーキット、騒音で訴えられる:

« 2万ユーロでイタリア人になれる? | トップページ | ボローニャ歌劇場、開幕 »