« ベルルスコーニ、自らを聖人にたとえる | トップページ | モンツァ・サーキット、騒音で訴えられる »

2005年11月23日 (水)

2万ユーロでイタリア人になれる?

イタリアで戸籍簿偽造で、100人以上が逮捕された(コリエレ・デッラ・セーラ、11月16日)。

ローマの戸籍役場を舞台にしたこの事件、ロム(ジプシー)がイタリア市民権を不正に獲得しようとしたもので、数十人のロムと、戸籍役場の役人の連携プレーによるものらしい。

15日早朝、警察は、4人の戸籍役場の役人(うち2人はすでに退職している)、3人の自治体警察官、数十人のロム、幾人かのローマの高齢者を逮捕。

この高齢者たちというのは、1000-2000ユーロをもらうかわりに、見知らぬ40代のロムを、役人のまえで「認知」したのである。つまり、何年も前につくった息子を今になって認知したというわけだ。そして、鼻薬(2万ユーロ!)をかがされた役人もこれを正式に認めたのである。

こうしてジプシーは、イタリア人の姓と、市民権を手に入れる。イタリア人になれば、本来は滞在許可の権利すらないのに、どうどうとパスポートを申請することができるというわけだ。

捜査によると、この不正2001年からなされていたらしい。

|

« ベルルスコーニ、自らを聖人にたとえる | トップページ | モンツァ・サーキット、騒音で訴えられる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7270591

この記事へのトラックバック一覧です: 2万ユーロでイタリア人になれる?:

« ベルルスコーニ、自らを聖人にたとえる | トップページ | モンツァ・サーキット、騒音で訴えられる »