« NPOにマネジメント導入の動き | トップページ | ロッシ、再びフェラーリに挑戦 »

2005年11月16日 (水)

フォガッツァーロの『聖人』出版から百年

アントニオ・フォガッツァーロの『聖人 Il santo』が1905年に出版されて100年たった(コリエレ・デッラ・セーラ、11月11日)。

フォガッツァーロは、敬虔なカトリックだったが、出版(1905年11月5日)から半年もたたぬうちに彼の小説は、ヴァティカンの禁書目録に載ってしまう。

フォガッツァーロは自分の考えを弁護しなければならなくなったが、小説は非常な注目を集めたらしい。というのも、ピオ10世だけでなく、アメリカ大統領セオドア・ローズベルトもこの小説を読んだのだ。

わが国でも、鴎外がフォガッツァーロに言及しているし、漱石の蔵書にもフォガッツァーロの英訳があるという。

先年のイタリア映画大回顧で上映された1942年の『マロンブラ』も主人公が叔母の生まれ変わりと信じているという実に不思議な味わいの映画であったが、原作はフォガッツァーロであった。

|

« NPOにマネジメント導入の動き | トップページ | ロッシ、再びフェラーリに挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7147844

この記事へのトラックバック一覧です: フォガッツァーロの『聖人』出版から百年:

« NPOにマネジメント導入の動き | トップページ | ロッシ、再びフェラーリに挑戦 »