« 「ファシズムと文化」 | トップページ | NPOにマネジメント導入の動き »

2005年11月15日 (火)

レンゾ・デ・フェリーチェ通りがローマに

イタリアの歴史家レンゾ・デ・フェリーチェの名を冠した通りがローマに出来ることになった(コリエレ・デッラ・セーラ、11月11日、ちなみに11月10日と11月9日は休刊)。

デ・フェリーチェといえば、ファシズムの専門家で、1975年に出版した『ファシズムに関するインタビュー』と1995年の『赤と黒』が激烈な議論を呼び起こした。

デ・フェリーチェは1929年生まれ、1996年に亡くなっているが、コリエレ紙には、1988年に彼が授業に行くさいに、私服警官につきそわれている写真が載っている。

デ・フェリーチェのファシズムやムッソリーニ関する論考は、「ファシズム寄り」であると考えられ、左派からの激しい攻撃にさらされたらしい。

レヴィジョニズム(修正主義)のはしりということになるのだろうか。

このデ・フェリーチェの名をローマのある通り(どうも、ヴィッラ・アーダ公園のなかの道になるらしい)に冠することを決めたのは、ヴェルトローニ市長である。

ヴェルトローニといえば、ロマーノ・プローディとともに、1996年中道左派のウリーヴォ(オリーブの木)の立役者であるから、感慨深いものがある。

|

« 「ファシズムと文化」 | トップページ | NPOにマネジメント導入の動き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7130876

この記事へのトラックバック一覧です: レンゾ・デ・フェリーチェ通りがローマに:

« 「ファシズムと文化」 | トップページ | NPOにマネジメント導入の動き »