« 「ナポリのマラドーナ」 | トップページ | トッティ、父になる »

2005年11月12日 (土)

イタリア社会党の分裂

イタリア社会党の分裂は決定的なものとなったようだ(コリエレ・デッラ・セーラ、11月6日)。

ベッティーのクラクシの息子ボボ・クラクシと、元外相ジャンニ・デ・ミケーリスは、どちらも自分こそが、新イタリア社会党の書記長(segretario)であると主張している。

ことの始まりは、10月23日の党大会である。ボボはこの大会の最後に、書記長に選ばれたといい、一方、デ・ミケーリスは、代表の選出を欠いているため、この集会は正式な党大会としての要件を満たしていないと考えている。

イタリア社会党は、2001年の選挙では、ベルルスコーニとともに中道右派に入っていたのだが、ボボは、来春の選挙で、ベルルスコーニと袂をわかち、中道左派に加わる見込みである。

|

« 「ナポリのマラドーナ」 | トップページ | トッティ、父になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/7062518

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア社会党の分裂:

« 「ナポリのマラドーナ」 | トップページ | トッティ、父になる »