« 元女性市長、修道女になる | トップページ | マッツィー二とウィルソン »

2005年10月28日 (金)

チャンピ大統領、カラーブリアへ行く

チャンピ大統領は、先日カラーブリア州ロクリで暗殺されたフォルトゥーニョ氏の弔問に訪れた(コリエレ・デッラ・セーラ10月19日)。

大統領は、遺体が安置された大会議室で、お棺の前で5分間立ちつくした。その後、頭をたれ、未亡人の手に接吻し、子供たちを抱擁した。

大統領は、ローマへの帰路につく前に、カラブリアの人々に呼びかけた。「しっかりと立ち上がってください。あなたがたは孤立していません。全イタリアは、あなたがたと共にあるのです」。

こういう際のチャンピ大統領の行動は素早く、意思の伝え方が簡潔かつ明快で、多くの人に勇気を与える。

去年、ナポリで犯罪組織カモッラの組織間抗争で多くの死者が出て、治安状態が最悪になったときも、チャンピはナポリに行き、ナポリ人に直接呼びかけたのだった。

ちなみに、2001年7月から2005年6月での殺人事件2740件のうち、犯罪組織によるとされるものは、648件。その648件の内訳は、ナポリのカモッラが322件(49,7パーセント)、カラーブリアのンドランゲタによるもの141件(21,8パーセント)、シチリアのマフィアによるもの79件(12,2パーセント)となっている。

また、レッジョ・カラーブリアの犯罪組織のアングラ・マネーは350億ユーロで、州の国内総生産289億ユーロを上回っている。

|

« 元女性市長、修道女になる | トップページ | マッツィー二とウィルソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/6691447

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピ大統領、カラーブリアへ行く:

« 元女性市長、修道女になる | トップページ | マッツィー二とウィルソン »