« イタリア文化会館は赤すぎるか | トップページ | ある南部の殺人事件 »

2005年10月25日 (火)

エンゾ・ビアジの新刊

ジャーナリスト、エンゾ・ビアジの新刊 Era ieri が出た (コリエレ・デッラ・セーラ、10月17日)

出版社はRizzoli。自伝的なエッセイを集めたもののようだ。コリエレの新刊紹介は、大きな取り上げ方の場合、さわりの一部をそのまま掲載する。

この場合は、マストロヤンニとの対話(1996年2月)である。ソフィア・ローレンとマストロヤンニの愛情はやむことがなかったという話。

その他、ベルルスコーニとの不和で、814回も続いたFattoというテレビ番組を降ろされたこと。

1920年生まれのビアジは85歳。マストロヤンニにしろ、インドロ・モンタネッリ(ビアジの同僚であったジャーナリスト、日本ではルネサンスやローマの歴史本で有名か)のことを直接よく知る貴重な語り部である。

|

« イタリア文化会館は赤すぎるか | トップページ | ある南部の殺人事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/6583129

この記事へのトラックバック一覧です: エンゾ・ビアジの新刊:

« イタリア文化会館は赤すぎるか | トップページ | ある南部の殺人事件 »