« マッツィー二とウィルソン | トップページ | 「オベルト」日本初演 »

2005年10月29日 (土)

マッツィーニとヴェルディ

マッツィーニの続きですが、こちらはマッツィーニと音楽の趣味の話(コリエレ・デッラ・セーラ、10月19日)。

マッツィーニといえばリソルジメント、その時代の音楽といえばヴェルディをおいて他にはない。

のであるが、実は、マッツィーニはヴェルディを嫌っていたという。ペルージャ音楽院の音楽史教授ステーファノ・ラーニ教授によると、マッツィーニはヴェルディを‘quel tale (あいつ、あのもの)’と呼んで、敬意を表しなかった。

何故か? ヴェルディは、君主制を支持していたのに対し、マッツィーニは根っからの共和主義者、ヴェルディはサボイア王国の宰相カヴールのシンパであるからだ。

マッツィーニ自身は、ギターを奏し、女性をくどく時にも、活用したし、スイスに亡命していたときには、女装してギターを弾いていたこともあるという。

|

« マッツィー二とウィルソン | トップページ | 「オベルト」日本初演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/6716485

この記事へのトラックバック一覧です: マッツィーニとヴェルディ:

« マッツィー二とウィルソン | トップページ | 「オベルト」日本初演 »